寓話編物「花嫁の肺の花」スヌード

¥ 9,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

ウール100%

架空の島、兎蜂島に伝わる物語を、当地ではニットパターンとして残し、語り継いできました。

兎蜂に捧げられる存在である花嫁になるためには、いくつかの工程が必要とされました。その主だった部分が、髪を伸ばして三つ編みにすることと、食事のすべてを植物、主に種と苔によって賄うことです。花嫁は体の中に種と苔を蓄えることで、自身が「生命の木」になり、兎蜂の「母」になることができるのだと信じられていました。
ダイヤモンドやケーブルを使って花嫁の内臓や骨、そしてそこに蓄積される苔が表現されています。
兎蜂では「種」は採れません。兎蜂島では花嫁に与える種を購入するために毎年多大な資金が投入されましたが、その対価、つまり兎蜂が与えてくれる蜂蜜の量はそれを埋めて余りある十分なものだったようです。

リブ編みが厚みを出してやわらかくあたたかいスヌードです。白地が編地の凹凸をくっきり美しく見せています。

購入された方には寓話を印刷した簡単なリーフレットを同梱いたします。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する