寓話編物「花嫁になるための梯子」スヌード

¥ 15,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

黄地 ウール60% アクリル40%
紺地 ウール100%
幅19㎝ 長さ67㎝

架空の島、兎蜂島に伝わる物語を、当地ではニットパターンとして残し、語り継いできました。

兎蜂島には断崖にあいた穴があり、これは兎蜂窟と呼ばれ、ここから兎蜂は生まれてきます。ここには年の変わり目、つまり大晦日から元日にかけて、花嫁と呼ばれる子供が送られるしきたりとなっています。花嫁は性別は問われませんが、長く伸ばした髪を三つ編みにまとめ、兎蜂が入りやすくすることが求められていました。花嫁となった子供は二度と地上に戻ることはありません。
このスヌードは花嫁の三つ編みを中心に、兎蜂窟へ降りてゆく梯子、兎蜂と人間のかかわる接点である籠を編みこんだダイヤモンド、そして兎蜂を示すハニカムチェーンと、生命を夢見る兎蜂島の住民のための生命の木が花嫁の髪の毛と繋がる形で編まれています。

ボリュームのあるあたたかいスヌードです。アクリル地で重さを軽減しています。

購入された方には寓話を印刷した簡単なリーフレットを同梱いたします。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する